ゲインミュージックスクール
 
 
 
 
 
 やさしく弾けるキーボード入門
やさしく弾けるキーボード入門
 
講座紹介動画
キーボードは初めてという人向けのカリキュラム。
さまざまな楽曲を通して、バンドでも応用できる力を身に付けます。
クラシックの本ではわからない実践的なノウハウが学べます。


■ こんな人におすすめ
○ キーボードを弾くのは初めて
○ クラシックはちょっと苦手。J-POPの好きな曲が弾けたらなぁ
○ バンドでどうやって弾いたらいいのかを知りたい
○ コードを覚えて使えるようになりたい
教材写真
■ 1回分の教材セットの内容

【CD1枚、テキスト1冊】

○ CDは基本練習や課題曲の模範演奏のほか、キーボードカラオケも収録。講師のナレーション付きで指導します。

○ テキストは写真や鍵盤図なども加え丁寧な解説を掲載。指使いやドレミの音名をできるだけ表記。楽譜が苦手な人にもわかりやすい内容です。
教材サンプル

■ 月々の費用
2,085円(税・送料込み)

○ 教材費1,700円+消費税+送料215円 合計2,085円
○ 全8回で終了するコースです。
○ 総額 16,680円(※発送方法の変更・とくとくセットなどご利用の場合は総額が変わります)

とくとくセットとは…
8回分の教材をまとめて購入していただくもので、総額は13,464円の割引価格になります。教材は宅急便の代引き(代金引換)でお届けします。 ・・・もっとくわしく知りたい 

費用について
■ 使用するキーボードと鍵盤数について
CDでのお手本の演奏はシンセを使用し、ピアノ、エレピ、オルガンなどの音色を曲によって使い分けていますが、練習自体はシンセに限らず、ピアノ電子ピアノポータブルキーボードなどご自宅にある楽器を使用して構いません。

鍵盤数は61鍵でも弾けるようにカリキュラムを設定していますので、61鍵以上のキーボードをご用意ください(通常のピアノは88鍵です)。ただし「ミニ鍵盤」は練習には向かないので、普通の鍵盤のキーボードをお使いください。

なお、Vol.6からはダンパーペダル(サステインペダル)を使う曲が出てくるので、ピアノ以外を使う場合には、ペダルが付いているかどうかをご確認ください。
■ レッスン内容
Vol.1(1ヶ月め)
※課題曲2が変更となりました
主な内容
右手でメロディーを弾く練習です。楽譜の読み方や指使いの基本を覚えましょう。課題曲の演奏に参加して、弾く楽しさをぜひ実感してください。
課題曲
オーラ・リー(アメリカ民謡)/ノクターンOp.9-2 (ショパン)/First Love (宇多田ヒカル)
Vol.2(2ヶ月め) 主な内容
簡単なコードを使ってバッキングをしてみましょう。この後のレッスンに出てくるコード・プレイの予備練習としても、基本をしっかり覚えてください。
課題曲
CRAZY LOVE (My Little Lover)/Burnin' X'mas (T.M.Revolution)/チェリー (スピッツ)
Vol.3(3ヶ月め)

主な内容
コード・バッキングをより実用的に弾けることを目指します。コード弾きがだんだん楽しくなってくる頃です。
課題曲
TRUE BLUE (LUNA SEA)/Face the change (Every Little Thing)/Tomorrow Never Knows (Mr. Children)

Vol.4(4ヶ月め)

主な内容
コード弾きをさらに発展させた様々なプレイ・スタイルを練習します。オルガンの弾き方のコツも覚えましょう。
課題曲
LOVE LOVE LOVE (Dreams Come True)/蒼い霹靂 (T.M.Revolution)/Don't Leave Me (B'z)

Vol.5(5ヶ月め)

主な内容
コード・プレイにもそろそろ慣れてくる頃。ここからは両手を使った弾き方にもチャレンジしていきましょう。
課題曲
There will be love there (the brilliant green)/CROSS ROAD (Mr. Children)/夜空ノムコウ (SMAP)

Vol.6(6ヶ月め)

主な内容 
曲のリズムに合わせたいろいろな弾き方を練習しましょう。またピアノの演奏に欠かせないペダルの使い方も覚えます。
課題曲
ドキドキ (JUDY AND MARY)/サレンダー (布袋寅泰)/LET IT BE (THE BEATLES)

Vol.7(7ヶ月め)

主な内容
ダンスのリズムに乗せた16ビートのバッキングにチャレンジ。両手のアルペジオ奏法、またオルガン・プレイならではのフィーリングを覚えてください。
課題曲
Smoke On The Water (DEEP PURPLE)/survival dAnce (trf)/LONGING (X JAPAN)

Vol.8(8ヶ月め)

主な内容
16ビート・リズムを正しいタイミングで弾くことを目標に練習します。最後はピアノ・ソロ曲に挑戦してください。
課題曲
GET WILD (TM NETWORK)/ねがい (B'z)/Merry Christmas Mr. Lawrence (坂本龍一)

■ 担当講師
斉藤芳江(さいとうよしえ)
ヤマハ、シンコーミュージックなどの音楽雑誌や教則本の執筆を中心に活動。クラシックピアノを基礎としながらも、電子ピアノやバンドのキーボーディストにも対応できる指導を心がけています。当スクールの課題曲の制作&監督も担当しています。
  大人のためのピアノレッスン 「はじめから一人で学べる 大人のためのピアノレッスン」ヤマハミュージックメディア刊 監修:斎藤芳江

ピアノで指の動きの基礎をもっとじっくりと学びたい方には、こちらの本を併用なさることをお勧めします。DVDが付属されているので、弾き方を目で見て確認できます。上・下巻があります。
copyright 2010 GAIN CORPORATION. all rights reserved.